物件コンセプト、強みを調べる

お部屋選びはお買い物と同じ

例えばスーパーマーケットに買い物に出かけ下記のようなうなぎの蒲焼が売っていたらどれを選びますか?

  • 中国産うなぎの蒲焼300g 800円
  • 国産うなぎの蒲焼300g 1000円
  • 四万十川天然うなぎの蒲焼300g 1200円

うちは家族が多いので安い中国産という方もいれば、少しの価格違いで四万十の天然物を選ぶ方も居られると思います。

また、せっかく天然物が安いのに表示が解かりにくく国産を買う場合もあるかもしれません。

賃貸物件選びも、商品を購入する場合と同様に

  • 商品の価格・・・賃貸住宅では家賃に相当する
  • 商品の特徴・・・賃貸住宅では広さや駅からの距離、付帯設備に相当する
  • 商品特徴の告知・・・仲介会社に部屋決めをお願いしたりする営業活動に相当する

の3つの要素でお部屋選びが行なわれます。

もし、お部屋の空室で困っていたら、家賃を値下げするだけでなく、物件の付帯設備を充実させて商品価値を高めたり、 高めた商品価値をお部屋を探している方にアピールすると言う方法も取る事が出来ます。

家賃相場を調査する

そこで、物件ホームページを作成する前に家賃相場や競合物件について調べてみましょう。

家賃相場を検索できるサイトを下記に紹介しますので、まず自分の物件周辺の家賃相場を調べてみましょう。

souba1.gif

souba2.gif souba3.gif souba4.gif

競合物件を調査する

周辺の家賃相場が解かったら次に競合物件について調べてみましょう。

駅から同じような距離、同じような間取り広さの物件をいくつかピックアップしてみましょう。

自分が部屋を選ぶ立場でどの物件に住みたいか考えてみましょう。

競合物件に比べて劣っていれば、家賃を下げるか付帯設備などを充実させて対抗するしかありません。


先ほどのうなぎの蒲焼に戻って考えて見ましょう。

中国産うなぎの蒲焼は国内産に比べて200円しか価格が変わりません。このままでは中国産うなぎが大量に売れ残ってしまう可能性があります。

そこで、「チョット一手間で専門店の味わいが出るリーフレット」をサービスに付けてみたら売れるかもしれません。


大事なポイントですのでもう一度書きます。

競合物件に比べて劣っていたら、家賃を下げるか何か付加価値をつける必要があります。

一番アピールしたいポイントを付加したり見つけたら、その告知は賃貸物件ホームページでさせて頂きます。

さらに詳しく知りたい方

賃貸物件サイトの活用方法についてさらに詳しく知りたい方や、賃貸物件の写真や動画の撮影講座をご覧になりたい方は下記よりお問い合わせ下さい。

自動応答メールにてパスワードをお知らせします。

<