物件ホームページのデメリット

賃貸物件サイトによる不利益

賃貸物件ホームページを作成する前に、物件サイトがある事によって不利益を被る場合がある事を説明します。

それは、既存入居者に新しい部屋の家賃や共益費などの条件を知られる可能性が高まる事です。

新しいお部屋ほど家賃が値上がりしていれば、問題はありませんが、通常は古くなり家賃が下がっていきます。

  • 新しいお部屋の家賃のほうが安いので既存の入居者が新しい部屋に移動を希望される場合
  • 新しいお部屋の家賃のほうが安いので既存の入居者が家賃値下げを希望される場合

折角、リフォームした部屋に移動されては、またリフォーム費用が必要となります。

また、家賃値下げ交渉を受けて必ずしも値下げする必要はありませんが、退去される可能性が出てきます。

どちらも、悩ましい問題です。

家賃表示しない又は高くする

既存入居者に現在の家賃など条件を知られない方法として挙げると

  • 賃貸物件ホームページは仲介業者だけに見せ一般には公開しない
  • 賃貸物件ホームページに家賃等、条件表示をしない
  • 賃貸物件ホームページに家賃等を高めに表示して、ご相談に乗りますと併記しておく。

などの方法があります。

一般には公開しない方法は別として条件を見せない、高めにする場合について部屋を探している人の立場で考えて見ましょう。

よほど自分にピッタリだった場合を除いて、わざわざ家賃問い合わせをするでしょうか?

通常は別の物件を探しに行くと思います。

既存入居者に見つかる事を恐れない

当社のお勧めは、既存入居者に見つかる事を恐れないことです。

例えば、下記はある賃貸マンションを物件名で検索した結果です。

多くの仲介業者に部屋決めを依頼しているので、物件名で検索するとズバリ家賃や敷金などの条件が表示されます。

街角に無料でおいている賃貸住宅情報誌に掲載されている場合もあります。

賃貸物件ホームページに条件を掲載していなくても、賢い消費者は見つけ出してくるでしょう。

bukken-search.gif

家賃値下げ交渉は今後増えていくかもしれません。例えば 「家賃交渉」「家賃交渉 更新時」「家賃交渉 値下げ」などのキーワードで検索してみてください。

さらに詳しく知りたい方

賃貸物件サイトの活用方法についてさらに詳しく知りたい方や、賃貸物件の写真や動画の撮影講座をご覧になりたい方は下記よりお問い合わせ下さい。

自動応答メールにてパスワードをお知らせします。

<