作成する物件サイトのページ構成

当社で作成する賃貸物件ホームページは30室程度までの賃貸マンションやアパートの1棟物を対象と考えております。

ページの構成は以下の通りです。

物件概要

文字通り、物件の概要をまとめて紹介するページです。

  • 建物の名称や所在地
  • 最寄り駅と距離
  • 建物の構造と築年数

などを説明します。

また、次の物件コンセプトとして独立させるほどでもない特徴や外観・共用部を紹介します。

物件コンセプト

どんな人に入居してほしいのか、そのコンセプトや周辺の競合物件と比べて優れている点を1ページにまとめて紹介するページです。

特徴としてアピールしたいポイントが複数ある場合はページ数を増やすことも可能です。

周辺施設のご案内

主に下記のような賃貸物件周辺の施設をご紹介するページです

  • 最寄駅
  • ショッピング施設
  • コンビニ
  • 学校
  • 公園

アクセスマップについてはGoogleマップを基本としてGoogleストリートビューを使う場合もあります。

お問い合わせ受付

ホームページを見た方からお問い合わせを受け付けるメールフォームのページです。

スパム行為が多い為基本的にはメールアドレスの公開は行ないません。

電話での問い合わせを直接受け付ける場合はこのページに連絡先を記載します。

仲介会社への説明書

仲介会社に案内方法などを説明するページです。

  • どのような手順で入居審査を行なうのか
  • 家賃交渉が入った場合、どのような基準で受けるのか
  • 専用の入居申込書のダウンロード
  • 専用の賃貸借契約書のダウンロード

などを記載します。なお、オーナー専用の契約書や入居申し込み書を使用する場合は別途ご準備下さい。

仲介会社用物件案内報告フォーム

仲介会社がお客さんを案内したことをオーナーに連絡するメールフォームです。

仲介さんが案内しても、スグに決まらず保留になる場合があります。

この時、お客様によっては仲介手数料を節約する為、直接オーナーに問い合わせをする方が居られます。

オーナーにとっては広告費が節約できるメリットがありますが、仲介会社との信頼関係を壊しかねない問題となります。

これを、防止する為のご案内報告フォームです。

お部屋のご紹介ページ(オリジナル)

お部屋の紹介をするページです。

お部屋の写真や間取り図を挿入して新規に作成します。

空室で募集できる状態であれば1ページ1室で紹介します。

オプションとして、動画紹介も追加することが出来ます。

お部屋のご紹介ページ(オリジナルからの展開)

お部屋の紹介をするページです。

オリジナルで作成したお部屋と間取りや主な設備が同じなら、お部屋の全景や条件だけを書き換えて作成します。

動画紹介する場合は、オリジナルページの動画を流用し同じ間取りのお部屋ですと注釈を入れます。

作成上の方針

当社のホームページ作成は下記の点を基本方針として作成します。

頻繁な更新は不要

「ホームページを作ったら度々更新しないといけない」と考えられてる方も多いと思います。

一般的にホームページは更新を繰り返すことでリピーターやファンを作ってアクセスを増やすことが出来るのですが、賃貸物件ホームページでリピーターとなるのは仲介会社の方だけです。

一般の方はお部屋を探したいときだけアクセスしますので、仲介会社への連絡事項さえFAXや電話で行なえばホームページの更新は空室が出来てお部屋を紹介した場合などに限られてきます。

説明文面は考えます

当社は電気屋を本職としている為、

物件やお部屋の写真を見せて頂ければ、主だった設備の機能や説明を必要とするポイントが解かります。

お部屋などの説明文も写真を見てこちらで考えますので、細かな指示をして頂く必要はありません。

作成後、間違えている点があれば指摘して頂き修正する流れとなります。

さらに詳しく知りたい方

賃貸物件サイトの活用方法についてさらに詳しく知りたい方や、賃貸物件の写真や動画の撮影講座をご覧になりたい方は下記よりお問い合わせ下さい。

自動応答メールにてパスワードをお知らせします。